一軒家

任意売却をするなら時期に注意しましょう|タイミングを考える

小規模物件に強い業者

つみきの家と街並み

世田谷区内では小家族向けのマンションへの需要が大きく、すぐに現地を案内してくれる不動産屋を活用する人が多いです。便利で快適な居住環境であり、資産価値の高い物件が多いので、世田谷区は将来的にも有望な地域です。

More...

高い価格で売却する

マンション

任意売却は物件を購入した際に抵当権を得ることができますが、お金が返せなくなるとその権利が実行されるというものです。任意売却を利用することにより、競売よりも高い価格で売却することができます。

More...

子育て環境が整っている街

夫婦

埼玉南部に位置する所沢市は東京のベッドタウンとして注目された街です。私鉄を利用すれば都内のターミナル駅まで30分程度で出られ、アクセスはとても良いです。不動産を購入するならバスで15分ほど離れたエリアなら手頃な物件が見つかります。都内から移ってくる若いファミリー層が多く、子育て環境の整った街です。

More...

都心での不動産売却

住宅

東京での不動産相場の上昇が続く中で、任意売却となる案件が多く見られます。不動産価格の上昇により、住宅ローン返済が困難となるケースが増えているからです。そこで競売を避けるための任意売却もまた増加傾向にあります。これは、自分で買い手を探すものですが、債権者に対する交渉なども必要となることから仲介業者を探す必要が生じます。東京であれば、買い手は多いものですし物件自体の価値も高ければ良い条件で売却することもできます。また任意売却を行うのも、一般の不動産会社が対応できるようになっています。ローン残債が残った場合の支払い条件をどのようにするのか、債権者と交渉することもできます。また競売までの限られた期限内で買い手を探すことができるものです。

東京で任意売却を行う場合、一般の売却と同じように売却活動を行うことができます。ただし、活動期間が短いことから早めに手放す決断をすることが必要です。多くの場合、収入面での好転を期待するものですが、先行きが不透明であれば早めの決断が大切です。不動産取引は年間の中でも動きのある時期と無い時期があります。夏場のような不動産が動かない時機に任意売却を行うのは条件として厳しいものです。そのためにも、ローン返済が難しくなったならば早めに売却を決断することが大切になるのです。また東京でも路線によって人気のあるところと無いところがあります。路線によっては買い手を探すのに時間がかかる場合があるので注意が必要となります。